シャクヤクのつぼみ


シャクヤクのつぼみがはちきれんばかりに大きくなってきました。
来週あたりは見頃でしょう。
ゴールドクレスト2本の間の紫蘭(シラン)が可愛い白い花をつけました。


 

目土を入れました


芝生に再度、目土を入れました。
チューリップたちは満開です。
右側のいちはつも満開です。
右上に見えるシャクヤクもつぼみをたくさんつけています。
左側にハナミヅキを植えました。


 

芝張りから約一ヶ月

徐々に緑色を帯びてきました。
この間にも着々と庭の花木たちは増えていっております^^
冬に植えたチューリップたち(真中)も見ごろになってきました。
3月に植えた右上隅のバラもかなり育ってきました。
 

待ちに待った芝張りです!!

待ちに待った芝張りです!!
高麗芝を18束、目土を5袋
朝一にホームセンターに買出しに行くも、
免許証を忘れ、軽トラを借りることができず、いったん帰宅^^;
再度、出動するも今度は目土が売り切れ・・・。
いろいろありましたが何とかきれいに張れました(笑)
 

白猪の滝

 温泉郡川内町にある白猪の滝にそろそろ凍ってるかなと思って期待して行きました。遠出はひょっとして道が凍っていたら危ないので近場でちょっと運動も出来てということで決定。
国道11号線を桜三里の上りに差し掛かったところを国道494号線の方へ向かっていきます。道々滝があるのですがすべて無視。駐車場も分かりやすい、白猪の滝に向かいます。雪が降ってきました。
 
 無料の広い駐車場へ車を置いて、林道を約1キロ強ほど歩きます。始めからゆっくりと長距離を歩くくらいのつもりのスピードでなきゃその後が辛くなるくらい急な坂道です。
杉林の中のアスファルトの道をテクテクと歩いていくと、半分くらい来た所に滝から近い有料駐車場があります。(300円)
 
 またまた急になって、川の流れが大きくなったころ小さな橋がかけられて滝を眺めることが出来ました。残念なことに端の方しか凍ってませんでした。もちろん水は流れています。
 
 これがツララに全体が覆われるとなんともいえないのですが。まあ、雪もしっかり降ってましたし、散歩で体もあったまったし、良しとしましょう。
 

 凍っているときは急な坂道も凍ってますので、滑らない靴に手袋は必需品です。次回いつ来るか分からないけれど、凍った滝を見れることを期待して滝を後にしました。

小松SA GWの渋滞を眺めて

 仕事尽くめでこの長いGW建物の中で過ごすことになるのかと思っていたらあらあら、1日お休みが取れたのね。
でも、GW真っ只中。高速道路は県外の人が一杯で危険だしあまり遠出するのも帰宅時間が計り知れなく、結局、近場でチボリ公園に行くはずが途中道路標識の見えた小松SAへといってみることにした。
舗装された山道、本当に山道のカーブをクネ~っと登ると、SAの駐車場に入ります。やはり沢山の車。
駐車して高速道路を眺めると、やっぱり・・・・高速に乗らなくてよかった・・・

一般道のほうがどう見ても早そうな感じで車は動いていない。パトカーも道路公団の黄色い車も動いていない。次のICかSAか、一体いつになったら着くのか見当もつかないスピード。
 
title=”とそのとき、“メェ~・・・”
土手に植えられた木々の向こうから声がする・・・・・メェ?手すりに沿って少し歩くと、“メェ~・・・”

いました、いました。これ食べる?なんて植木の枝を曲げて差し出したら、あらあら食べてしまいました。

“メェ~・・・”まだ食べるの?
  ♪黒ヤギさんからお手紙着いた♪
白ヤギさんはいませんね。SAの柵の外につながれて黙々と足元の草を食べていました。でも、足元の草も後わずか・・・・
 
 芝生も広く植えられていまして、ベンチもあり。眺めもよくて、数家族はお弁当を広げていました。

その脇に、大きなお釜が二つ。一つは駐車場に向かって<幸せの釜> 、もう一つは高速道路の方に向かって(中に座席が設けてあり、日よけにもなるし、居心地よかった)。

ちょっと隠れている気分を味わえます。別に悪い事したわけではないけれど。(この狭い空間がなんとも言えず・・・)
 
 また建物の中は、インターネットにつながったPCが2台設置。自由に検索できます。

その隣には、大きな焼き芋を売っていたし(安いと思う)その日はとても暑かったのでアイスが飛ぶように売れていました。

反対側にはちょっとした公園があり、そこには子供が遊べる遊戯道具が設置されて沢山の子供連れ家族が来ていました。子供向けにはお薦め。
 

 最近は高速に入れなくても、SAを利用できるようになっているところがいくつも出来ました。

こういう売店だけでなく、高所にある利点を生かして芝生でくつろげる公園的要素を兼ね備えたところにはまた行ってみたいかなと思います。 

GWで流れていない車の下を余裕で走り抜けて、ちょっと嬉しい気分になれた1日でした。