大洲市新谷 菖蒲園

今回は一緒に出かけた彼女にお願いして書いてもらいました。

 南楽園の菖蒲があまりにも早かったので、残念。うわさに聞くほどの勝負の迫力を感じることは出来ませんでした。そこへ、○○新聞で写真入で掲載されていた大洲の菖蒲園。曇っていましたが、まずまずの天気。彼の車で行きました。場所は秋のもみじでチョッと有名な稲荷山公園と反対側。かわのすぐそばでした。道路標識にも出ていたのですぐ見つかりました。駐車場は少々ぬかるんでいましたが、車は皆さんお互いに邪魔にならないよう譲り合って気持ちよく止められました。
 小さな小川に沿って菖蒲が植えられてそれがちょうど見頃。紫と白を主にした菖蒲園て言う公園。ウンウンこれが菖蒲って言うのよ。写真とって!!ここであそこで・・・なんてリクエストしながらふらふらとチョッと歩いて、一番奥に、“菖蒲城”なんてものがあるから、上がってみないわけにはいかない。
 
 一人ずつしか上がれない鉄の階段をカンカンッとあがって・・・・・2階、菖蒲の植木鉢が何種類かありました。靴を脱いで敷かれたカーペットにあがって人の流れに沿って奥へ行くと、なんと一般家庭。食卓の場まで公開しているような感じで、壁には何種類もの菖蒲の花が種類別に綺麗して張られていました。これと言う種類がありましたらここでの指定の購入もできるようです。
 
 3階は全体が綺麗に見えます。公園のベンチのようなものもあり座って眺める事が出来ますが、足腰の弱い方はここまで上ってくるのは少々危険かも。下が見えますし、何人まで持ちこたえられるか、まるで自分が引っ付けたような階段でした。
 ここから全体を眺めると、菖蒲の紫が満開なのですが、やっぱり日本の花なんだなあ、どんなに咲いていても華やかですが、静かな感じがします。水の流れをそばで聞いていることもありますが、花を観賞しながら歩く人も、なんとなくしとやか。???私も???
 
 1階は、菖蒲城喫茶なんて書いてありますが、一体この何処で座って何を頂くのだろうと言うくらい、半骨董、中途半端に古いもの、現在も使ってるぞと言うような道具がおいてありました。そして狭い。ひょっとして展示してあったのならごめんなさい。
 規模は小さなものでしたが、鑑賞するには充分。今年早すぎた南楽園の菖蒲をチョッと不満に思っていただけに、満足のいく見ごたえのある華やかさでした。白いのもなかなか気品が合ってよろしくてよ。ホホホホホホホホ・・・
 
今はアジサイ、これからひまわり、いろいろ花めぐりが楽しみです。なんだか花紀行になりそうで、チョッと私の趣味だけでなく、彼も趣味の場所も交えたいものです。今度行く場所を楽しみにしています。
 

 
おまけ!
 大洲からの帰り、中山クラフトの里でアイスクリーム・シャーベットを買っておいしくいただきました。このお店ド田舎にあるにもかかわらず、超人気店! 左の写真では大して並んでいませんが、この5分後10人以上並んでました。
 56号線を走った際にはぜひ一度立ち寄ってみてください。
 

1日1回応援よろしくです!!

コメントを残す