秋の小田深山

 もみじが綺麗とTVで聞いたからには、是が非でも行かねばならぬ!!ってことで、小田深山の紅葉狩りにいってきました。天気は怪しく、快晴ではなかったものの、何とかもつだろうと自信をもって出発。風は冷たく、なかなか寒い日。他の人たちも紅葉狩りに出かけたのか、結構車が多かった。
 砥部から、広田村、小田町へ。途中、小田町では正月用か、若松の出荷の準備をしていました。そういえば後40日余りで正月です。はぁ~~~~新世紀か~。来年こそはいいことあるさ!と、自分に言い聞かせて、いざ山道へ。
 
 こちらからの道は眺めはほとんど杉林。景色はなし。とにかくひたすらいったら、どうやら昨晩の雨で道がグチョグチョ。離合の度に緊張が走る(いくじなし!!)。山の土手がー!!、ガードレールがー!!!心の中で叫びながらやっとこさ到着。沢山の人が既に楽しみに来ていました。広場の駐車場に置いて、いざ散策。車の外にでると、冷たい風が吹き、急に冬が身近に感じられました。
 川には釣りをしている人が川を横切る橋の右にひとり、左に2人。どちらも釣れているようではなかったけれど、まあ、釣れる釣れないは別にして、こういう自然の中でのーんびりしているのを楽しんでるんだろうな、と一応の理解を示したものの、やっぱりじっとしているのは寒い。先へすすむことにする。
 
 
 
どうも七不思議が好きなもんで、恒例で一枚。何処にでもあるもんですね。散策道は登りで子供からお年寄りまで歩いてますが、靴はしっかりと運動靴がよろしいでしょう。
 
 川縁からの景観は、秋がまさしく始った所。黄色を基調とした秋の色。ススキ、セイタカアワダチソウ、はぜ、ウルシ、サクラ。山は色々な色。でもまだまだオレンジ、赤といった今日探しに来た色とは少々違う。赤い秋の色はまた探しに来るとしよう。水は冷たく、風に舞う落ち葉が水面を流れていく。
 赤いもみじがそこに・・・黄色が来るのを待とうとしてると流れていってしまった。演出演出・・・といそいそと、綺麗な落ち葉を浮かべてみたが、逆さになったり、重なったりどうも上手くいかない。そうこうしている内に、全部流れていってしまった。でも、綺麗だから一枚・・・・パシャ!
 
 川のそばの散策道を楽しんだ後、体も冷えたのでそろそろ引き上げる事にし、帰り道ももみじを楽しみながら・・・・・・・・・・バーベキューのにおいが・・・・・クンクン・・・・・違う違う!!!!色々資材を持ち込んでバーベキューをしている人もいました。
そういえば、炭がさっき川に下りることろにもあったような。もう少し昼ならば、もう少し暖かければ、外での昼食を楽しむことも出来たかも。とりあえず食べる所はあります。食堂が駐車場の近くに一つ。そこを逃すと、国道へ帰るまで無いと覚悟を決めていかれたほうがいいでしょう。
 

 また天気のいい日に次は何処のもみじを見に行こうかといろいろ考えながらこの日は家路についたのでした。肌でも寒さを感じ、目に入る色で秋を感じられるようになりました。これから冬の景色になるまで、秋の色を楽しんでいきます。帰りも、小田町の若松出荷現場をとおりながら、実感の湧かない正月を横目に帰路につきました。

 もちろん砥部の道は渋滞です。これが無ければね。

1日1回応援よろしくです!!

コメントを残す