1泊2日 親子泊りがけツーリング その1

長男の希望で、広島まで1泊2日の泊りがけツーリングに出かけてきました。
バイクはシグナスX、しまなみ海道経由で、大和ミュージアム、宮島、原爆ドームを巡ります。

早朝7時過ぎ、小学5年生の長男と自宅を出発です。
この日のために、タンデムバーの取り付けバックレストの取り付け、そしてインカムと、準備を行ってきました。
それもこれもこの日のために準備してきたんです!
長男を後ろに乗せてさっそうと出発しました。
国道196号線の海岸線を走り今治の糸山公園を目指します。

8時半頃、糸山公園のサンライズ糸山に到着です。
ここでサイクリングチケット(¥500)を購入します。本日の料金支払いは長男の係りです。
サンライズ糸山から見た来島海峡大橋です。
長男はうれしそうにカメラで撮影です。

カメラをヘルメットにマウントして出発です。

さっそく最初の来島海峡大橋をわたりますが、親子揃って高いところが苦手な二人。
インカムで怖い怖いと話しながらソロソロと走ります(苦笑)
橋の中ほどで料金所に到着。
支払い係の長男がタンデムシートから降りて料金200円をチケットで支払いました。

こんな感じで橋を渡るたびに一度バイクから降りるので、長男にとってはいい気分転換になっていたようです。

しまなみ海道を二人で会話しながら走ります。
この日は風が強く寒かったので、長男がトイレ休憩に何度もバイクを降りました(笑)
「道の駅 多々羅しまなみ公園」では、冷えた体を温めるためにあったかいミルクセーキを飲みながらの休憩も行いました。

そして12時前に尾道まで渡りきりました。

長男も疲れた表情を見せずに、まだまだ元気です。
尾道ラーメンで腹ごしらえして、呉の大和ミュージアムを目指します。

呉まであと10Kmというところで、雨が降ってきました。
本降りになる前に、合羽を着こんだのですが、まもなく止んでしまって、結局な~んだって感じでした。

14時頃、大和ミュージアムに到着です。
歴史オタクな長男と、こういうところに来ると、閲覧自体に長時間を要することが分かっているのであんまり一緒に歩きたくないのですが、今回は男二人旅、長男のペースに合わせます。
そういえば、旅の間中、男二人旅を強調する長男。わたしとツーリングするのがよほどうれしかったようで、男二人旅って楽しいよね~を連発していました(笑)

1/10の大和でも十分迫力満点で、1/1スケールを見て見たいと言う願望にかられました。

たっぷり2時間以上、大和を堪能したわたしたちは、広島市内のホテルを目指しました。
そして17時半頃、ホテルに到着。
ホテルで教えてもらったお好み焼きのふみちゃんで夕食を済ませました。
無愛想な店のお兄ちゃんが無愛想なのに気を使ってくれて、気持ちよく、そして、美味しくお好み焼きを頂きました。
店を出る際に長男が、「また来るね」と言って店を出て行きました。

「また来るねってまた来るの?」長男に聞くと、元気よく「うん!」
広島にまた来ないといけないのかな?(笑)

こうしてツーリング初日を終了しました。

つづく・・・・。

1日1回応援よろしくです!!

4 comments for “1泊2日 親子泊りがけツーリング その1

  1. 2014年3月26日 at 10:33 PM

    親子で泊ツーいいですね!
    息子さんも一人前の男になったんでしょうかっ
    この日のことを何時までも覚えてくれているといいですね

    うちの息子はバイクに興味が無くまったく乗りたがらないので寂しい限りです。

    • kotetsu
      2014年3月26日 at 10:46 PM

      なかなかタンデムのツーリング楽しいですよ。
      今回、特に思ったのはインカムは絶対必要です。
      会話が出来るということは、後ろの長男の状態を確認しながら走れるということなので、非常に安心感があります。
      しょうたさんも是非に(笑)

  2. フーガ
    2014年3月27日 at 8:21 AM

    いいですねぇ~!
    息子さんと、それもインカムで話しながら。
    楽しさが伝わってきましたよ。
    呉は私の故郷です。大和ミュージアムは大人気ですね。
    続編も楽しみです。

    • kotetsu
      2014年3月27日 at 8:54 AM

      フーガさんは呉出身だったんですね。
      呉って港町の雰囲気たっぷりで、趣きがあっていい町ですよね。
      大和ミュージアムも大盛況でしたし、また来たいって思わせる町でした。
      インカムは、ソロのときにもナビ音声や音楽を聴いていますし、これなしでは私のバイクライフは語れなくなってしまいました(笑)

コメントを残す