路面ウエットでの練習

雨が降っていれば今日は早朝練習をパスしようと思っていたんですが、目覚めてみると雨は上がっておりました。
ならばと、そそくさと準備して早朝練習に出発です。
いつものコースでなく別ルートから行ってみようと走ったのですが、外はまだ5時前で真っ暗です。
途中、練習仲間も後ろから合流して走っていたのですが、どうも道順が怪しい。
分かれ道で確認しようと車を止めて右足を出したら・・・右足下がりになっていて「ああ~っ」と立ちゴケ。(^^;
テンションダダ下がりです。

本日の路面は完全ウエット。
でもパイロン間隔はいつもどおり。

指導員よりマンツーマンの指導を受けました。

1.目線が遅い。
2.大きく入って小さく出るが出来ていない。

これら2つは以前から指摘されていることで自分でも意識して走っているのですが、まだまだ甘いとのこと。
たしかにライン取りが悪く、回れないパイロンも出ていました。これらは大きく入ることが出来ていないために、次のパイロン進入が厳しくなっているための結果です。

目線を早めに先に送って大きく入ることを意識し走り続けました。

他のメンバーのように技術的な指導を受けるのではなく、こんな初歩的な指導を受けているわたしはまだまだですね。(^^;

完全ウエットを走ったので、バイクはドロドロ。
帰宅後には、洗車してチェーンも清掃しておきました。
まだまだ修行しなければなりませんね。

最後に本日の走行動画です。
練習仲間に撮影してもらいました。

コメントを残す