ソニー製ネットワークカメラに不具合

わたしの会社ではソニー製のネットワークカメラを数十台利用しています。
遠隔地の工場を見るために設置しているもので24時間の録画も行うほどに利用しています。
そんな中、今年になってカメラを利用している社員から「パソコンの時計がどんどん進むので何とかしてくれ」と依頼がありました。
たしかに2~3時間のうちにパソコンの内部時計が数分進みます。
通常こういった場合はマザーボード上の電池がおかしいことが多く、まだ保証期間だったこともありパソコンメーカーに修理を依頼しました。
これでめでたしめでたしだと思ったのですが・・・。
修理から戻ってきたパソコンですがやはり時計がどんどん進みます。
利用している社員さんからの証言でソニー製ネットワークカメラをブラウザで表示したままにしていると時計がどんどん進むことがわかりました。
ためしにネットワークカメラを表示させないでおくと時計が進まないのです。
わたしもためしに自分のパソコンで表示させておきましたらやはり時計が進みます。
これはソニー製ネットワークカメラにまちがいないと思い、ソニーのサポートにこの旨を連絡して調査を求めました。
ところがまったく再現しない。という報告がありました。
わたしたちが利用してるカメラのURLを伝え確認してもらいましたがそれでも再現しないと回答がありました。
そして、「常駐しているセキュリティソフトのせいではないですか?」との見解が出てきたのです。
ならばということで利用しているセキュリティソフトのメーカーへわたしたちが利用してるカメラのURLを教えて依頼を行いました。
で2週間ほどいろいろと調査していただいた結果、時計は確かに進むがセキュリティソフトの有無には関係ないことがわかったのです。
これを踏まえ再度ソニーのサポートへ連絡です。
「そういうことは絶対にありえない。」と言い張るサポートに、弊社だけではなく第3者の会社でも発生しているのだから調査をしろと強く要求しました。
そしてそれから数日後、ソニーから連絡が入りました。

  • インターネットエクスプローラ6では発生しないが7以上で問題の現象が発生する。
  • Javaアプレットビューアを使用している場合にだけ発生する。
  • 原因はjava(JRE)にありソニーにはなんら問題はない。
  • ソニーとしては不具合ではないので何の改修も行わない。

回避方法は

  • インターネットエクスプローラ6を利用する。
  • ActiveXビューアを利用する。
  • マイクロソフト製のjavaを利用する。

とのこと。
正直あきれました。
どの回避策も現実味がないのです。
まずIE6ですが、リリースしたマイクロソフト自体が市場から淘汰しようと躍起になっている問題児です。
ActiveXビューアはインストールするには管理者権限が必要でだれでも見えるようにはできません。通常のユーザーはもちろん管理者権限なんて持っていません。
最もあきれたのはマイクロソフト製のjavaを使えというもの。回避方法を示したソニー自体がマイクロソフトはサポートしていないし配布しているかどうかもわからないというのですから・・・。(苦笑)
不具合があることは仕方がないことです。
でもこのまま放置するわけにもいかないでしょう。それで下記のようなメールを送信しました。

まったく対策を行う予定がないということでしょうか?
Javaの開発元に対して何かアクションを起こす予定もないのでしょうか?
またこの現象をWEBなどで告知することもしないのでしょうか?

回答は下記のようなものがきました。

原因につきましては既に申し上げた通りJREのバグであることもあり、機器側としましての対策を取る予定はございません。
Javaの開発元に対しましても、こちらといたしましての要望を上げる予定もございません。
Web告知の予定もございません。

完全に不具合放置なのです・・・。
不具合と認めながら何の対策もとらないそうです。
ということでわたしのホームページで不具合報告を行うことにしました。
現在わかっている不具合が発生する機器
SNC-RZ25N
SNC-RZ30N
SNC-RZ50N
■発生条件
インターネットエクスプローラ7以上のJavaアプレットビューアでカメラ映像を見ている場合
■現象
PCの時計がどんどん進みます。
2~3時間で2分以上進む場合もあります。
ソニー製ネットワークカメラを検討している方はご注意ください。

1日1回応援よろしくです!!

コメントを残す